• 金. 9月 17th, 2021

サハグループの鶏肉加工工場で起きたクラスター。約3,500人が回復し、工場も再開へ

Byサイト運営

8月 21, 2021

これで街に流通が戻ってくるでしょうか

ペッチャブーンの鶏肉加工工場で新型コロナクラスターが発生し、約3,500人の労働者全員が仮設病院での28日間の検疫を行った後、陰性の結果を得たと当局は8月20日に発表しました。

それを受けサハファームズグループの子会社であるゴールデンラインビジネスの工場は、21日土曜日から本格的な操業を再開すると、ペッチャブーン知事は明らかにしました。

最初の感染は7月22日に工場で発見され、7,164人の労働者全員に対して検査が行われました。

結果、合計3,481人が陽性であることが判明し、治療のために工場敷地内に用意した仮設病院で隔離することになりました。
28日間の検疫の最終日に実施されたすべての検査で全員が陰性に戻ったと言います。

すべてが100%回復し彼らは通常通り生活することができるので、工場は再開を許可しますと同知事は宣言しました。

ソンポン氏は、感染した労働者のほとんどは軽度の症状を示し、主に治療に薬が使用されたと述べた。

冷凍鶏肉の生産者および輸出業者であるゴールデンライン社は、タイ最大のミャンマーからの移民労働者を雇用している会社でもあります。

一時、街のスーパーから鶏肉が不足する事態が起こりましたが、これで安定供給といくようになりますでしょうか。

ペッチャブーン県の鶏肉加工工場内でのクラスター。3千人を超えるまでに感染が拡大。

ペチャブーンの鶏肉加工工場で、クラスター感染者1000人検出!

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP