• 火. 9月 21st, 2021

AZワクチンの輸出を停止せよ! 今後100日間で4000~4500万人のタイ人が感染する可能性を示唆。

Byサイト運営

8月 12, 2021

プラユット首相は、国家安全保障法に基づく権限を行使して、アストラゼネカワクチンの現地生産者であるサイアムバイオサイエンスに、ワクチンの輸出を3か月間停止し、代わりに国内で優先的に使用していく方針をとるべきだと、ウィチャイユット病院のマヌーン博士は主張します。

マヌーン博士は、一部の企業が営業を再開できるように封鎖制限を緩和すべきであると主張しています。
タイ政府の封鎖措置がどれほど厳格であっても、家族世帯が病気の主な繁殖地になっているため、伝染の拡大を止めることはできないと指摘しています。 

彼は、今後の100日で、タイの人口7000万人の半分、4000万から4500万人のタイ人が感染する可能性があると主張しています。
それはつまり、1日あたり50万人がワクチン接種を受けない限り、感染が拡大する可能性があるという予測だと言います。

彼は、ワクチンの調達と管理におけるタイ政府の誤りを非難したと述べています。

マヌーン博士は、サイアムバイオサイエンスが毎月1,000万から1,500万回のアストラゼネカ・ワクチンを製造していることを指摘し、これらの投与量を3か月間国内で使用するために転用できれば、タイは新型コロナウイルスを80%削減され、病院の患者数を大幅に削減できると主張しています。

しかし、彼のアプローチの障害の1つは、サイアムバイオサイエンスはタイが所有する会社ですが、生産するワクチンの所有者ではなく、ワクチン生産ユニットの一会社にすぎないということだと言います。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP