• 水. 9月 22nd, 2021

チョンブリー県で土管を住み家にしている男性が話題。彼がここに住むようになった理由とは…。

Byサイト運営

8月 4, 2021

チョンブリー県内のほとんどの主要な建設プロジェクトは、Covid-19関連の制限のため閉鎖に追い込まれています。
雇用元は、実際に補償などに応じているところは稀ですので、結果として多くの失業者が出ています。

ある元建設労働者もコロナの煽りを受け、最近パタヤの道路近くの土管に住んでいるのが見つかりました。

男性が住む土管の「家」はタイのソーシャルメディアで共有され反響を呼ぶこととなりました。

ジャムノーン・インノムさん(50歳)は、ナクルアのスクンビット通り近くにある土管に住んでいます。
彼は土管の中で、古いベッドマットレスを敷いて寝ており、私物はほんの少ししか見当たりません。

ジャムノーンさんは、次のように語っています。
「私はかつて自分自身と家族のために良い収入を得ており、住む場所もありました。全体的な生活は良かったです。次にCovid-19と、それを制御しようとする政府によって義務付けられた関連する措置と制限が、私の生活を一変させました。」

「新型コロナウイルスの大流行の後、私は失業しホームレスになりました。昨年の長いシャットダウンと短いシャットダウン(1月)の間、今年の初め、私はほとんど影響を受けませんでした。建設労働者は彼らの仕事を続けることを許されていたからです。しかし、最近のタイでの感染により、チョンブリの建設業界は衰退しました。ほとんどのプロジェクトは中断されており、ほとんどの建設キャンプは封鎖され、労働者は解雇されました。状況が改善したら仕事に戻ることができると言われました。今のところ。仕事に戻ることができるように制限が緩和されるのを待っています。」

現在、規制は緩和され、建設自体は「禁止」されていないと言います。
しかし実際はジャムノンが述べたように、ほぼすべての重要なプロジェクトが閉鎖され、現在も運営されているほとんどの主要な建設キャンプは、いわゆるバブルアンドシール措置の下に置かれています。
そこには、ほとんどの移民労働者が、Covid-19のステータスに関係なく外部にでることができません。

一説には、これにより数千人の労働者が解雇されたと推定されています。

「この土管は、私が今住んでいる場所です。多くの親切な人が私に食べ物をくれますが、私は誰かの迷惑にはなりたくありません。私は本当に慈善行為を望んでいません。お恵みは本当に欲しくない。私は単に生計を立てるために仕事に戻る能力が欲しいのです。しかし、新型コロナのせいで、チョンブリのどこにも仕事がなく、誰も雇ってくれません。収入と生活のために働く機会が欲しいだけです。それはとても悪いことですか?」ジャムノーンは訴えます。

「新型コロナ禍は非常に深刻で、多くの人が深刻な病気にかかっていることを理解しています。しかし、現在の措置は機能していますか? すべてが閉鎖されており、多くの人が住み家を持っていません。パタヤの状況は現在非常に悪いです。」

働くことが嫌いな男性が多い中、このような勤勉な人が職を失っている状況は、国家として損失だと言えるでしょう。
何かどなたかアイデアをお持ちの方はおりませんでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP