• 金. 9月 17th, 2021

まだ中国製ワクチンを使用しますか? シノバックワクチン接種から一週間足らずで看護師がコロナで死亡。

Byサイト運営

8月 3, 2021

もう中国製やめませんか?

サムットサコーンの45歳の看護師が、8月1日に新型コロナウイルスが原因で亡くなりました。
彼女は、中国のシノバック社製ワクチン一回目の接種を受けてから1週間も経過していない状況でした。

ウライワンさんの死は、彼女が働いていたサムットサコン病院によって発表されました。

男性病棟に配属されていた彼女は、7月25日に発熱、咳、喉の痛みで倒れました。
翌日、Covid-19に感染したことを確認する結果が得られたといいます。

7月27日、彼女は同じ病院で治療を受けていた母親と姪の世話をした後、サムットサコーン病院に入院しました。

ウライワンさんは、集中治療室に入れられる前に人工呼吸器を装着されていました。
7月30日、彼女はバンコクのラジャウィティ病院を紹介されましたが、2日後に帰らぬ人となりました。

サムットサーコン病院長のアヌクン博士は、ウライワンさんは7月20日にシノバックワクチンの初回投与を受けてから1週間も経たないうちに死亡したことを明らかにしました。
アヌクン博士は、病院の約200人の医療従事者がこれまでにウイルスに感染してしまったが、彼らのほとんどは重篤な症状を示さなかったと主張します。

ほとんど意味のない中国製ワクチンを接種し続けていても、医療従事者の負担が増えるだけだと思います。
シノバックは諦めて、別のワクチンを接種する時間に充てたほうが良いかと思いますが、みなさんはいかがお考えでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP