• 金. 9月 17th, 2021

お手柄!救助犬ならぬ救助ゾウさん、16日間行方不明だった男性を見事発見。

Byサイト運営

7月 29, 2021

チェンマイで1週間以上捜索の上、行方不明となっていた58歳の叔父を発見したのは、人ではなくゾウでした。

森で16日間行方不明になった58歳の叔父の捜索に1週間以上費やしましたが、見つかりませんでした。
そこでエレファントキャンプは、ゾウのプライブーンを現場に送りました。

7月28日午前11:00に、象使いが捜索に協力していると報告がありました。
そしてこの日、タイ象連盟協会と警察、行政当局と一緒にチェンマイ県ハーンドン地区バーンポン地区バンメーカニンの森の真ん中にある竹林で、行方不明だったアモーンさん(58)を発見しました。
彼は7月12日から失踪し、行方不明となっていました。

当時、アモーンさんは疲れ果てて立ち上がれない状況でした。
スタッフは一先ず、水と食べ物を提供しました。

7月13日バーンポン地区のバーンメーカニン村の村長は、バイク(ホンダウォーブ)が見つかったと村人から知らされました。
バイクは、森の外れにあるハンドンサモン通りに駐車されており、誰かが森に入って行ったことを暗示させるものでした。

その後7月16日、バイクはまだ同じ場所にあり、転倒状態にありました。
したがって、不審に感じた村人はハーンドン警察署に通知しました。
調べてみると、持ち主はパッタマーさん(女性)であることがわかりました。
通知を受けたパッタマーさんは、バイクを取り戻すために地元警察に連絡を取りました。

その後7月24日、アモーンさんの親戚が再びハンドン警察署にアモーンさんが失踪して帰宅しなかったことを知らせに来ました。
7月12日からサンサイ地区のメーフェクで自宅からバイクに乗ってからアモーンさんが行方が分からなくなったこと、先天性のアルツハイマー病を患っていたので、彼は森で迷子になる危険があることなどを知らせました。

通知を受けた後、警察は地元の救助隊と村人に加わり山狩りを始めました。
7月24日にすぐに捜索が動員されましたが、数日間の捜索では有力な証拠などの痕跡は見つかりませんでした。

あくる7月27日、青いTシャツが枝に貼り付いているのが見つかりました。
それはアモーンさんのものだと思われたため、ファットエレファントファームに協力を求めました。

救助犬ならぬ、救助ゾウが出動です。

ゾウを連れて捜索を開始したところ、森で方向感覚を失い、迷子になっているアモーンさんを発見することができました。
26歳のゾウ、プライブーンパックと象使いが、一緒に捜索に出た2日目のことでした。

午後遅く、森の中を約1時間歩いた後、プライブーンパックは歩き続けること突然拒絶しました。
代わりに、彼は耳を広げてその場を歩き回り、鼻で地面を数回打ち付けました。
何かおかしいと思ったときの象のコミュニケーション行動です。

その後、捜索チームは、アモーン氏が疲れた状態で竹のくぼみに横たわっているのを見つけました。
象が立ち止まった場所からわずか10メートルほど離れたところでした。

最初の調査から、彼は16日以上何も食べておらず、生命を維持するためにさまざまな窪地に住んでいたことが明らかになりました。
彼が発見された場所は、オートバイが道端で発見された場所から約3kmほど離れていたと言います。

象が犬のようなコミュケーションをとることはできませんが、匂いを区別する能力は犬よりも敏感であると地元メディアでは報じています。

お見事でした!

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP