• 日. 7月 25th, 2021

昨年の悪夢再び。バンコク・ロックダウンが現実となるのか?!

Byサイト運営

7月 8, 2021

バンコクロックダウンの噂が、いよいよ現実味を帯びてきました

タイの公衆衛生省は、7月8日(木曜日)、COVID-19状況管理センター(CCSA)に対し、新型コロナの感染拡大が収まりを見せないバンコクと近隣の5つの県との間に、少なくとも14日間の移動制限などのさらなる厳しい措置を提案しました。
先月末より、より多くの制限をしたにもかかわらず、毎日の新しいCOVID-19死者数は75名の最高値に達し、感染症も7,059に急増しました。

疾病管理局(DCD)によると、提案された移動制限では「セルフバブルアンドシール」と呼ばれ、自宅からの移動を制限し、オフィスワーカーの在宅勤務を70%まで増加させることを目的としています。
バンコク、ノンタブリー、パトゥムターニー、サムットサコーン、ナコンパトム、サムットプラカーンを対象とする新しい対策が承認された場合、コロナウイルス・インド型変異体の急速な拡散を封じ込めることを主たる目的としています。

公衆衛生省の緊急オペレーションセンター(EOC)は、新しい感染症に関する最新の報告がバンコクとその周辺に集中しているという事実、および感染症の増加傾向に起因する病院と医療機関への負担増を指摘しています。

EOCは、CCSAのオペレーションセンターが、3〜5時間以上かかるRT-PCR検査の代わりに、20分で結果を出すことができる病院での迅速抗原検査の使用を増やすことを提案していると言います。
迅速抗原検査で陽性の結果が出た場合は、さらにRT-PCR法による検査が実施されます。

EOCはまた、家の隔離に関するガイドラインの調整を提案し、医療への負担を軽減していきます。
この計画では、軽度の症状のある人は家や地域の隔離の対象となり、他の家族と一緒に暮らすことができますが、厳格な社会的距離を守り、常にフェイスマスクを着用し、定期的に手を洗う必要などの制限があります。

60歳以上の人や7つの基礎疾患のいずれかに苦しんでいる人に対し、1〜2週間以内に少なくとも80%の接種率を達成するために、リスクの高い地域でのワクチン接種を加速する方法についても説明していく予定です。

提案されている他の措置には、市場やスーパーマーケットを除いて、リスクが高いと考えられる県を跨いだ旅行や催事場での活動の制限が含まれます。

食糧の購入、医師の診察、予防接種の必要がない限り、高リスク地域のすべての人が「国の病気を止めるために」家にいることを望んでいると述べ、制限案が提案されていると付け加えた。 これは昨年4月に課された制限と同様のものです。

CCSAのオペレーションセンターによる決定は、首相が議長を務めるCCSAに提出され結論が出されます。
CCSAは、緊急事態のため会議を従来の月曜日から明日9日金曜日に緊急で行うことを決定したと報道されています。

何をしてロックダウンなのかは定義が分かれるかもしれませんが、他県への移動、夜間外出などが禁止されたら、ロックダウンと呼んでも良いのかもしれません。
少なくともそのレベルの制限が、現実となるかもしません。
問題は制限を厳しくすることではなく、ルールを守らせることだと本誌は繰り返し主張しています。
「法律は捕まらなければ関係ない」という精神が根付いているタイ国民に、現場で罰則を科さず、裏で営業させているようなパブや風俗業などがある限り、真面目な市民だけがいつまでも苦行を強いられる結果となることでしょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP