クローントゥーイ・スマートコミュニティ計画スタート

タイ港湾局(PAT)は、来年、クローントゥーイスマートコミュニティプロジェクトの建設請負業者の入札を開始すると発表しました。

当局は、スマートコミュニティ計画のアーキテクチャ設計とエンジニアリングを担当する企業を99億バーツ相当で既に雇用したと述べています。
建築デザイナーは、今年の10月までにデザインを提出するよう求められています。

同時に、PATは環境影響評価を研究する会社を探しており、その後、政府にプロジェクトを提案します。

請負業者がフェーズ1を構築するための予算と公開入札を承認するよう求められます。
これは23億バーツに相当します。
フェーズ1の建設は2023年に開始され、2025年に終了してから、さらに3つのフェーズの建設が始まる予定だと述べています。

このプロジェクトは、それぞれ504ユニットの住宅12棟、駐車場4棟、駐車場1棟の10階建てオフィスビル3棟、駐車場のある3階建ての市場58ライで構成されますが、建築法に従って変更される可能性があります。

合計6,048ユニットのプロジェクトは、中央エリア、オフィス、政府機関、公衆衛生局、擁護財団、駐車場、学校、保育園、市場、公園を含むバンコク港周辺のコミュニティの世帯主を対象としています。

PATはこのプロジェクトが住宅を提供するだけでなく、地域の生活の質を改善し、バンコクの港とその周辺地域を近代化することを望んでいます。
付近の一部は、スラムと呼ばれる人々によって長らく侵略され占拠されています。

 

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る