• 木. 10月 6th, 2022

9月5日から施行される「車内シートベルト義務化」は「警官によりケースバイケース」

Byサイト運営

8月 11, 2022

新たなシートベルト法案が9月5日に施行されますが、タイの地元メディアは懐疑的な見方をしています。

そして未だ細部が明らかにされていません。

明らかになっている部分は、車内の前または後部座席の乗車する者はシートベルトを着用しなければならないということだけでした。

しかし、1988年1月1日より以前に登録され、シートベルトを取り付けることができない車は免除されるといいます。

以前は、運転席と助手席だけにシートベルト着用義務が課されていました。

子供用のチャイルドシートについては、「チャイルドシート、特殊シート、危険を止めるシート」の3種類の拘束方法で安全を確保することとあります。
これらが実際に何であるかは明確に表現されていません。

警察が発表したのは、全員がベルトを締めなければならないことを警告するということのみでした。

偽警官がこの新しい法律を利用して私腹を肥やす可能性がありますが、警察のスポークスマンは、現場での取り締まりは「ケースバイケースで警官の裁量に委ねられる」と述べるにとどまっています。

この法律が何のためにあるのか?
一向に減らない交通事故から「国レベルで子供たちの命を守る」ためではないのでしょうか?
全てに言えることですが、守らせる側もこの法律の意図にあまり関心がないように思えます。

ペットたちはどうしたら…。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP