• 土. 6月 19th, 2021

シーラチャーの製氷工場のクラスターで氷業者が風評被害に

Byサイト運営

6月 11, 2021

政府のお達しには影響力があります。

チョンブリー県の多くの人々が、シーラチャーの製氷工場でのCovid-19クラスターを懸念しているため、氷の販売が減少していると言います。
一方、製氷業者は、公衆衛生上の測定基準に厳密に従っているため、工場が清潔に保たれていることをメディアにアピールしています。

チョンブリー保健局は、シーラチャーのスクサワットパンサデート製氷工場で、合計49人の感染者が確認されたと報告しています。
その報告を持ってチョンブリー県知事は先週、スクサワットパンサデート製氷工場を一時的に閉鎖するよう命じました。

その結果、その地域のすべての製氷工場からの氷の売り上げが減少していますと、シーラチャーグループの代表者は語ります。

我々は、公衆衛生測定に従って、すべてのプロセスで製氷工場が清掃されていることを確認しています。
さらに、現在、当社の従業員の 70% 以上が予防接種を受けています。
私たちの衛生的な測定は一流であり、氷は袋に詰められて顧客に提供される前に、多くの品質保証プログラムを通過します。
当社のスタッフは氷を直接手で扱ったりすることはなく、すべて機械によって行われます。

また、新型コロナウイルスが角氷を介して感染する可能性はほぼ不可能であり、人々は角氷を恐れる必要はないと強調しました。

スクサワットパンサデート製氷工場は現時点では閉鎖されたままであり、チョンブリー公衆衛生局によると、Covid-19に陽性であるかどうかにかかわらず、すべてのスタッフが隔離され、施設は徹底的にクリーニングされたと述べています。

確かに政府が氷が危険と言えば、風評被害も及ぶと思いますが、そもそもアルコール需要や店内飲食制限などで、氷の需要自体が落ちていたはずなので、この一点のせいだけではないような気がします。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP