「危険な7日間」ソンクラーン6日目の交通事故報告

写真はイメージです

タイのいわゆる「危険な7日間」。
本日は6日目のご報告です。

「危険な7日間」6日目である4月15日は、交通事故313件、死亡者29名、負傷者310名という結果でした。

昨年2020年のソンクラーン休暇では、新型コロナの影響で移動に制限があったため、2019年のデータと比較した場合、3つのカテゴリーすべてで数値が下回りました。

期間中、ほとんどの事故の主な原因は飲酒運転であり、全事故の38.2%を占め、スピード違反(27.4%)、他の人の遮断(17%)、視界不良(13.5%)でした。

事故が最も多かったのは二輪車(79.3%)で、ピックアップトラック(6.9%)がそれに続きます。

過去6日間で、200万台の車両が当局による検問のために停止させられ、394,000人のドライバーが主に、運転免許証を持っていない、ヘルメットを着用していない、スピード違反で起訴されました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします