ブリーラム県はソンクラーンの公的行事を中止に

photo by The Pattaya News

ブリーラムの保健当局は、北東部に住む2人が新型コロナの検査で陽性を示した結果を鑑み、来週行われる予定だったソンクラーンおおやけの祝賀会を中止することを発表しました。

さらに、このイベントに出演する予定だった数人のミュージシャンが、最近のクラスター発生に関連したパブやバーへ訪問していたということで、現在自己隔離を行っているとのことです。

ブリーラムではこの件に先立って、新型コロナウイルス危険ゾーンに指定されたバンコクとプラス4県からの来訪者には、14日間の隔離か新型コロナのクイック検査を有償で受ける必要があることを発表しています。

バンコク方面からブリーラムに入県の際は、14日間の隔離検疫が必要になります。

こういった件が、他にも波及していくと、また去年と同じようなソンクラーンになってしまいそうです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします