再びロックダウンの日々へと逆戻りなのか?!疾病管理局長が、21時以降のアルコール販売の禁止を提案

またロックダウンの日々に逆戻りなのでしょうか。

疾病管理局の局長であるオパス博士によると、保健省はバンコクとその周辺の4つの県、すなわちサムットプラカーン、ノンタブリー、パトゥムターニー、ナコンパトム県内のすべてのレストラン、バー、ナイトクラブでの21時以降のアルコール飲料の販売を禁止することを提案すると述べました。

これらの提案は、2週間の期限付きで、4月7日水曜日に新型コロナウイルス状況管理センターの小委員会に提出される予定です。

アサウィン知事によりますと、バンコク都はまた、夜間の娯楽で人気のある地区の住民と労働者のためにワクチンのいくつかを優先することを計画しています。
これまでに、タイでは240,000を超えるワクチンが投与され、約42,000人がワクチン接種されています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします