• 金. 9月 17th, 2021

東部経済回廊(EEC)に新たな工業団地を建設。その名も「ブルーテックシティ」

Byサイト運営

8月 16, 2021

タイ工業団地局(IEAT)は、電気自動車の組み立てを含む新たな産業にサービスを提供するために、チャチュンサオに2年間で48.5億バーツ相当の新しい工業団地を建設することを計画しています。
工場用地は、東部経済回廊(EEC)に位置します。

IEATとDouble P Landの共同投資である新たな工業団地は、EECのハイテク産業ハブにサービスを提供することを目的としており、さまざまな近代産業から投資家がやって来ると予想されます。

その新たな工業団地の名は「ブルーテックシティ」と名付けられています。

チャチュンサオ、チョンブリー、ラヨーンの一部が東海岸のEECゾーンを形成しています。
1,181ライに建設されるブルーテックシティは、スワンナプーム空港から44km、チョンブリーのレムチャバン深海港から60km、ラヨーンのMap TaPhut深海港から119kmに位置しています。

現在、EECには6,000を超える工場を持つ38の工業団地があります。

主要産業には、総投資額の13.8%を占める自動車製造業、10.8%の鉄鋼および金属生産、7.8%を占めるゴム、プラスチック、人工皮革の製造業が含まれます。

EEC工業団地への投資額が最も多かったのは中国(15.2%)で、日本(12.1%)、シンガポール、韓国、米国(9.09%)がそれに続いた。

米国と中国の間の貿易戦争により、特に中国の投資家は、施設をタイを含むアセアン諸国に移転させていると言われています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP