タイ人の砂糖中毒に待った!甘すぎ飲料に課税措置

これでタイの肥満問題を解消できるか?!

保健省は、タイ人の健康を損なう砂糖中毒を抑えるために、最新のキャンペーンで甘い飲み物に税金をかけると発表しました。

タイ人は、平均して1日あたり小さじ25.5杯の砂糖を消費しているというデータがあります。
これは世界保健機関の推奨制限の実に4倍の消費量です。

これに応じて、同省は3月19日金曜日に低糖飲料を促進するために保健機関との覚書に署名しました。

タイは2017年に100mlあたり6グラム以上の砂糖を含む飲料への課税を開始したと公衆衛生副大臣のサティット氏は述べています。

砂糖の過剰消費を減らし、産業部門が徐々に調整できるようにするために、税は2年ごとに見直しが行われます。

同省は、健康増進活動、低糖飲料のレシピ、より責任あるマーケティングを通じて、国民の健康リテラシーを構築することを目指しているとのことです。

最近バンコクオフィス女子も、以前ほどそこまで甘々の飲み物を好んでいないように感じます。
昔は、甘い飲み物にさらに砂糖ガバガバ追加してる光景をよく見かけていました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします