• 金. 9月 17th, 2021

タイでは「プチぼった」にご用心。適切な処置ができずに死んだ「プリティ」に、さらにウソの食事代を病院が請求。

Byサイト運営

3月 14, 2021
photo by Bangkok Post

タイに住んでいると「プチぼった」(ちょっとしたぼったくり)に遭遇することが、まあまああります。
ただ死亡した遺族に対して、しかも病院がやってはいけないでしょう。
モラルはどこに?

先月パーティーに出席した後、出席していたコンパニオンが意識を失い、搬送先の病院で亡くなりました。
保健サービス支援局は、その私立病院に対して起訴しました。

ホステスのみの仕事で向かったパーティで死亡。彼女に何があったのか?

チャトゥチャック地域にある病院に対し、若い女性の適切な診断と治療に失敗した挙句、危篤状態の彼女に対し食事代を誤って請求した罪で起訴すると、同局のタレット局長は2月12日金曜日に述べました。

この動きは、犯罪被害者支援クラブの会長であるアチャリーヤ氏と死んだ女性の母親によって起訴されています。

被害者の通称ワーワーさんは、2月23日の朝チャトゥチャック地区のパオロー病院で亡くなりました。
彼女は、前夜にバンコクの邸宅で行われたパーティで、飲み物などを提供するコンパニオン(プリティ)として雇われていました。

すると彼女は突然意識を失って病院に運ばれました。
彼女は後に呼吸不全で死亡したと宣告されています。

訴状では、病院が彼女の状態を適切に診断できず治療を遅らせ、不正に食事代を請求したと非難した。

タレット博士は、同省の法務部門は、療養所法第36条に基づき、病院に対して2つの理由で訴訟を起こすよう手続きをしたと述べています。

患者が搬送された時に、病院側は適切な処置ができなかった。
この犯罪には、最高2年の懲役および/または40,000バーツ(約14万円)の罰金が科せられます。

また病院は、彼女が食事ができる状態ではないにも関わらず、食事代400バーツという虚偽の請求書を提示しました。
これは同じ法律のセクション73にも違反しています。

被害者のワーワーさんの妹は、姉は麻薬を使用したことはなく、売春を行ったこともないと述べています。
彼女は、一般に「プリティ」と呼ばれるコンパニオン的な仕事でのみ働いていたと言います。

死んだ女性に400バーツ(約1400円)のプチぼった。
ホント、セコイですよね~。
でも実際こういうの多いので、タイ人も支払い時に重箱の隅をつつくかのように、レシートを確認していますね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP