あの大規模クラスターの発生地、ルンピニ―スタジアムが名変で帰ってくる!

photo by The Nation Thailand

ルンピニーボクシングスタジアムは、3月13日土曜日に新しい名前で再開されると、管轄の陸軍は11日に発表しました。

バンコクスタジアムは、「ロイヤルタイアーミー・スポーツデベロップメントセンター(ルンピニムエタイセンター)」としてリニューアルします。

陸軍のスポークスマン、サンティポン氏によると、陸軍が運営するスポーツ施設は、兵士と一般市民のための運動場、競技場、ムエタイ学校、タイ人と外国人のためのムエタイ博物館にアップグレードされます。

政府の新型コロナ制限に準拠するために、観客なしで開催されます。

トーナメントは、毎週火曜日と金曜日の20時30分から22時30分まで、土曜日の14時から16時まで、オンラインサイトと陸軍の「チャンネル5」で生放送されます。

PPTVチャンネルでは、土曜日の16時から18時まで試合を生放送します。

再開されたスタジアムでの最初のボクシングの試合は、今週の土曜日(13日)の16時から18時まで、PPTVチャンネルで放映されます。

ルンピニーボクシングスタジアムは、昨年3月14日に閉鎖されました。
約2,500人の観客が参加し、タイ最大の新型コロナウイルスクラスター感染症の1つが発生した忌まわしい場所でもあります。

スタジアムを担当する当時の陸軍将軍は、疾病管理の制限を無視してイベントを進めることを許可したために異動となりました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします