• 木. 8月 5th, 2021

バンコク『SUSHIRO(スシロー)』が3月31日にオープン(予定)!

Byサイト運営

2月 5, 2021

タイ在住者期待の回転寿司チェーン店『SUSHIRO(スシロー)』に関して、タイの地元メディア、他が報じています。

日本から人気の寿司チェーンが来月バンコクにオープンする、と同社は2月4日に語りました。

ベルトコンベア形式で100円の寿司を提供することで知られる日本の回転寿司チェーン『SUSHIRO(スシロー)』は、3月31日にセントラルワールドショッピングモールの7階にタイで最初の支店をオープンする予定です。
ただし、価格がどのくらいになるかはまだ不明です。
実際に28バーツ(約100円)の寿司は期待できないでしょう。

『スシロー』バンコク店がセントラルワールド7階にいよいよオープンか?!

タイの『SUSHIRO(スシロー)』の従業員は、電話でまだ価格を明らかにできないと言いました。
あきんどスシローのPRは、発行時点でメニューの価格に関するお問い合わせには回答できないとのことです。

『SUSHIRO(スシロー)』は通常、日本で最も人気のある回転寿司チェーンの1つとして名を連ねています。
「あきんどスシロー」は1984年に大阪にオープンし、現在では韓国、台湾、香港、シンガポールだけでなく、世界に支店を構えています。

日経アジアによると、日本の人口の高齢化に伴い、2021年のスシローの経営戦略では、タイの開業に続いて中国市場に参入します。
「あきんどスシロー」は12月までに中国事業部を設立し、来年9月までに中国国内に1店舗をオープンする予定だそうです。

さらに回転寿司業界2位と言われる『くら寿司』も海外戦略に積極的だ。
新型コロナの大流行により、昨年初めに発表された市場参入計画は延期されてしまいましたが、それでも3年以内に中国への参入を目指しています。
2030年までに海外売上高を2倍の3,000億円(29億ドル)にするため、クラはアジアを中心に1,000店舗を出店する計画をたてています。

一方、新型コロナによって撤退を余儀なくされたのは、業界5位と言われている『元気寿司』。

「元気寿司」は、スシローやくら寿司とは対照的に、海外に3店舗を出店しましたが、新型コロナの影響もあり、4月から9月にかけて9店舗を閉店しました。
元気寿司は、1994年にシンガポールで事業を開始し、1995年に香港とマレーシアに店舗をオープンしました。
しかし、競争は現在激化しています。

政治的な不確実性も寿司チェーンに影響を与える可能性があります。
昨年の香港での大規模な民主化反対運動は、一部の企業やレストランに悪影響を及ぼしました。
韓国でも、反日消費者心理と新型コロナの影響により、2020年度に7つの寿司バーを閉鎖することになりました。

しかし、スシローの水富最高経営責任者(CEO)は、政治的不確実性は「一時的」であり、「食糧は私たちの生活の不可欠な部分である」と付け加え、タイへの進出に自信をちらつかせています。

タイには、既に台湾発祥の『SUSHI EXPRESS THAILAND』が、新型コロナ下にもかかわらず一皿30バーツで回転寿司のチェーン展開を次々と実行しています。
一皿100円を実施してもらえれば、庶民の我々にはお財布が助かりますが、タイはかえって高級路線でタイの富裕層にターゲットを絞った方が飲食は成功しやすいというジンクスもあります。
価格設定は非常に気になるところです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP