ミャンマー・タチレク「1G1ホテル&エンターテインメント・コンプレックス」タイ人が最大で180人も滞在中?!

新型コロナパンデミックに揺れるお隣の国ミャンマー。
違法に逃げ帰ってくるタイ人が後を絶ちませんが、正規ルートで帰りたがっている人もたくさんいるようです。

ミャンマーからの不法入国者、続々と発覚!移民者狩りに懸念

ミャンマーのタチレク地区で働いている、もしくは住んでいる150人ものタイ人が、チェンライ経由でタイに戻る許可を求めていると、疾病管理局長のオーパス博士は報道機関に語りました。

さらに100万人以上の保健ボランティアが、ミャンマーから忍び込むのを防ぐために国境に配置される予定です。
さらに軍は、チェンライのメーサイ地区にある2番目のタイ=ミャンマー友好橋を封鎖する計画を立案しています。
会議ではまた、違法な国境通過を阻止するために、より多くの軍隊と少なくとも80人の職員を配備することに同意しました。

この時点で、15の新しい新型コロナ感染がタチレクで検出され、症例の総数は64になりました。

国境委員会は、1G1ホテル&エンターテインメント複合施設のマネージャーから、最大180人のタイ国民がそこで働いていると言われました。
タイに不法入国し、新型コロナに感染していることが判明したタイ人女性の多くは、この1G1エンターテインメントで働いていました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします