パタヤの53階建ての幽霊ビル。解決はいつに?

PHOTO by Sophon Cable TV

バンコクから車で2時間弱、新型コロナ禍以降ではタイ人の観光客が目立つパタヤに行き海沿いを見ますと、地元民に幽霊ビルと恐れられる一件の高層マンションが目に入ってきます。

これはバリハイ埠頭の入り口に2004年に着工した53階建ての巨大なコンドミニアム「ウォーターフロントスイーツアンドレジデンス」です。
このプロジェクトは当時からパタヤの景観を妨げるとして公的機関から指摘を受けながらも、2014年まで建設を進めていました。
しかしながら、開発者のBaliHai Co. Ltdは2017年に破産し、コンドミニアムを放棄したままとなっています。
現在も地元民のみならず、バリハイピアの美しい景色を損ねたと非難の的となっています。

パタヤシティ評議会は、9月26日の評議会会議で、このコンドミニアムプロジェクト訴訟への法的進展に関連する問題を提起したとのことです。

果たして解決はいつに?

本来の完成予想図

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします