• 木. 8月 5th, 2021

チェンマイのクラスター・タイ人女子は、ミャンマーから不法入国した可能性が濃厚

Byサイト運営

11月 30, 2020
photo from The Pattaya News

公衆衛生当局は昨日お伝えしたチェンマイで発見されたミャンマーから帰国した女性の症例を引き続き調査していますが、この女性が実際には法律に違反し非正規ルートでタイへ入国したか可能性が出てきました。不法入国と隔離検疫を無視したことが判明した場合、厳格な法的告発が彼女に適用される可能性があると警告しています。

関連接触者数百人規模!チェンマイでコロナ陽性者(症状アリ)が、ナイトクラブやデパートで濃厚接触。

新型コロナに感染したこのタイ人女性(29歳)は、チェンマイのナコンピン病院で隔離され治療中となっています。
彼女はまだ新型コロナが発症中であり、嗅覚を失い、熱、消化器系の問題および他の症状がでているとのことです。

当局はこれまでに彼女に接触した可能性のある102人を検査しました。
また彼女の足取りを追い、カラオケバー、映画館、ショッピングモール、レストランでの接触した可能性のある合計326人の連絡先を特定しました。

これら施設が清掃および消毒され、すべて一時的または完全に閉鎖されています。

これまでのところ、新型コロナで陽性となった関連者はなく、当局はパニックにならないように国民に求めています。
チェンマイの法執行機関は11月28日、地元のパブや会場を訪れ、マスクの着用、社会的距離、適切なチェックインなどの適切な手順が守られていることを確認しました。

一方、疾病管理局長代理のオパス・カンカウィンポン氏は、彼女は11月24日にメーサイ地区の国境を通って不法に侵入し、その後バンと後にチェンマイに行くために公共バスを利用したと考えられています。彼女は10月24日から1か月間ミャンマーに滞在しており、不法入国したと考えられています。

オパス博士は、当局は国民の健康を危険にさらす女性の行動に関して法律のあらゆる側面を検討すると述べ、一般大衆を無視している身勝手な行動であるとも言及した。

ソーシャルメディア上のコメントでは医師の言葉に賛同する者が多くよせられ、多くの人が女性の身元の公開を求めていました。
一般的に、新型コロナの患者はプライバシーのために名前が伏せられて報道されます。

チェンマイ知事は、女性がどのようにタイへ入国したかについて詳細な調査が行われており、そちらも参考に新型コロナの水際防御ラインであるミャンマーとの国境を保護するために、国境警備隊が増員され強化していくと述べた。彼はまた、国境地域周辺の住民は、国とそのコミュニティを保護するために、不法に国境を越えた疑いのある見知らぬ人や人々を直ちに報告すべきであると述べた。

これは推測の域ではありますが、新型コロナ以前は、いろいろな物を輸入するために正規ルートを通らない方法が日常的に存在した可能性があります。
国境封鎖後も、そのようなルートを用い、細々と人や物の往来があったのではないでしょうか。
彼女がギリギリまで医者にかかろうとしなかったのは、やはりその感染ルートやその目的になにか後ろめたいものがあったのだと思われますが、さて真実はいかに。
捜査の進行が待たれます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP