関連接触者数百人規模!チェンマイでコロナ陽性者(症状アリ)が、ナイトクラブやデパートで濃厚接触。

オーマイガー! 何てことしてくれたんだ!の一言です。

チェンマイ当局者は、新型コロナの国内症例が県内で発見されたと発表されました。
疾病管理局長の記者会見によると、この感染者は最近ミャンマーから帰国しましたが、通常必須とされている検疫を受けなかったとのことです。
この24歳のタイ人女性が、何故検疫を通過しなかったのかは明らかにされておらず、ソフォン博士は知事が後ほど詳細を述べると語りました。
ソフォン博士は、患者が不法に入国したことが判明した場合、法的な告発が適用される可能性が高いと述べた。

この女性は10月23日から11月24日までミャンマーで過ごしました。
彼女はミャンマー滞在中の11月23日ごろ気分が悪くなり始めたが、医者には報告せず、11月24日の午前5時にミャンマーからチェンライ県のメースリまで陸路でタイに入国した。
その後、彼女は午前11時にバスでチェンマイへ向かいました。

14時50分に彼女はチェンマイに到着し、その後Grabタクシーでコンドミニアムに行きました。
彼女はすでに嗅覚を失い、熱と下痢などの新型コロナの症状が出ていたと伝えられています。

症状はあるものの、24日この女性と2人の友人とで、サンティサム地区のナイトクラブに行きました。
女性は、友人らとタバコを共有したと伝えられています。
正確な会場名は明かされていないが、現場は閉鎖され、全職員が隔離され、当時来店していた客などを追跡していると言います。

11月25日の朝、彼女は友人のコンドミニアムで友人と一緒に夜を過ごしました。
他の何人かの友人が、彼らと一緒に飲みにやって来てということで、その後特定され、その友人も隔離されました。

11月25日、彼女はGrabタクシーでコンドミニアムに戻り、地元のショッピングモールであるセントラルフェスティバルに行き、そこで映画を見たり、食事をしたり、買い物をしたりしました。
彼女が行ったすべての場所が特定され、問題の会場が清掃され、すべての接触者のテストおよび隔離が実行されています。
ソフォン博士によれば、彼女は時々マスクを着用していましたが、常にではありませんでした。
彼女はこの日、20時30分頃に帰宅しました。

11月26日、彼女は気分が悪くなり、私立病院に行きました。
体温は36.9度でしたが、新型コロナの他の症状があり、体調が悪化していました。
私立病院は、彼女をチェンマイのナコンピン病院に送り、そこで彼女は新型コロナの検査を受けました。

11月27日、最初のテストの結果により、彼女は新型コロナウイルス陽性反応が出ていることが確認されました。
これまでに326件のリスクの高い接触者が、追跡および追跡プログラムを通じて特定および隔離されています。

女性はナコンピン病院で治療を受け続けており、現在、親しい友人やルームメイトを含め、何百人もの人々が隔離され、検査を受けています。
これまでのところ、接触者についてのすべてが初期テストで陰性であるとされています。
女性が訪れた場所は完全に清掃されており、閉鎖されています。

女性が検疫なしでどのように入国したかなど、チェンマイ知事からのより多くの情報は、未だ発表されておりません。
当局は、連絡先追跡プログラムが機能しており、彼女の足取りなど明確なタイムラインが判明していることを国民に強調しており、落ち着くよう主張しています。
一方、ソーシャルメディア上のチェンマイ地域の住民は、その地域を危険にさらしたとして女性に対して重大な法的告発を迫ることをすでに求めており、有罪が証明された場合は緊急法令を患者に対して使用するよう求める声もあります。

28日16時現在、女性が買い物に行ったチェンマイのセントラルフェスティバルは、ディープクリーニングを行うために1日休業しています。
29日は再開する予定です。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします