現在発動中の非常事態令を来年1月15日まで延長

今回は早めの発表となりました。

タイの新型コロナウイルス状況管理センター(CCSA)は、人々の大移動が予想される新年を懸念して、12月1日から1月15日までの45日間、非常事態令をさらに延長することを決定しました。

国家安全保障評議会の事務局長であるナタポン将軍は、CCSAの責任者の一人として、今回の延長は政治的な動機ではなく、新年の休暇期間に多くの人が故郷に帰省し、感染を広げてしまうことを懸念しているものであると述べました。 

現在も非常事態令の最中ではありますが、一般生活には支障はありませんが、何かあれば強権発動するのは容易かと思うので、敢えてイメージの悪い緊急事態令を延長しなくても問題ないような気もしますが…。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします