• 火. 5月 24th, 2022

昨年のデモ隊との衝突で警察の放ったゴム弾により無実の老人が闘病の末、死亡。

Byサイト運営

3月 7, 2022

2021年8月15日、バンコクのディンデーン地区で行われた反政府反対運動への鎮圧部隊が放ったゴム弾により、頭を打たれた老人が、3月5日土曜日ディンデーンのアパートで亡くなりました。

タイ人権弁護士センター(TLHR)によると、64歳のマナさんは、タイ警察の鎮圧部隊によって発砲されたと思われるゴム弾に見舞われました。

しかし、マナさんはデモ隊とは何の関係もなく、無関係の犠牲者でした。
彼は深刻な頭部外傷を負い、病院に運ばれました。
最終的に退院はしましたが、その後寝たきりの生活となり、土曜日に息を引き取りました。

マナは昨年の反体制派の抗議行動中に、警察の鎮圧による2人目の犠牲者となりました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP