タイで2番目の老舗デパート『TOKYU(東急)』が閉店へ~2021年1月

タイの地元メディアが、日本の日経新聞がタイの地元メディアでもまだ発表されていない内容を掲載していると報じていします。

日本経済新聞電子版によると、バンコクの東急デパートは、競争の激化と観光客の喪失により閉店を余儀なくされ、2021年1月に閉店すると報じた。

この日本の報道機関によると、MBKセンターショッピングモールの店舗は、小売業での競争と新型コロナウイルスの大流行による旅行制限のため、来年1月下旬に営業を停止する予定です。

バンコクの東急デパートは、報告された保留中の閉鎖に関する情報をWebサイトまたはFacebookアカウントに投稿していません。

東急は昨年1月、同じくMBK Plcが運営するパラダイスパーク内にあるもう1店舗を閉店しています。

東急は1985年からタイで営業しており、今年8月に閉店した伊勢丹バンコク(セントラルワール隣)に次いで、2番目に古いタイの日系デパートでした。

東急が閉店した後タイにある日系百貨店は、アイコンサイアム内にあるサイアム高島屋を残すのみになります。

 

日本経済新聞電子版の記事はこちら

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO65540390Y0A021C2EAF000?s=6

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします