タイメディアが報道する下着ドロ事件の記述が生々しい件

photo by The Nation Thailand

タイは鉄塔男と同じくらい頻繁に、下着泥棒もニュースを賑わすのですが、地元メディアの書き方が生々しかったので、タイで下着ドロをするとこのように報じられますよ、といった一例としてご紹介したいと思います。

トゥンルアン警察は、ラチャブリー県のパクトール地区にある彼の家で、女性の下着を盗んだとして、46歳のチャイパットまたはジャック(姓は差し控え)容疑者を逮捕しました。

伝えられるところによると、警察は家の中に70以上のパンティー、3つのブラジャー、2つのショーツ、そして少量のメタンフェタミンとアンフェタミン(ともに麻薬成分)の錠剤を発見しました。

2人の女性が、泥棒が家に侵入して下着を盗んだという苦情を警察に訴え出たので、容疑者を彼の家まで追跡し逮捕したとのことです。

彼は、地元の人から中古品や壊れ物を買って中古屋に売っては、生計を立てていました。
最近10年連れ添った妻が去った後、寂しさを感じて下着を盗んだと認めたという。
盗んだ下着の匂いを嗅ぎながら自慰行為をしたことも認めたと伝えられており、チャイパットは数回盗んだとのことだが、証拠の量から少なくとも20回は盗んだに違いないと警察はみています。

警察は最近、下着を紛失したと心当たりのある女性に警察を訪れて証拠品を確認するよう求めています。
容疑者はトゥンルアン警察署に連行され、盗難と薬物所持の罪で起訴されました。

下着を盗まれた女性も恥ずしくて、警察に出頭できないと思いますが。。。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします