ターク県で起きたコロナパニック。県知事が収束宣言。

写真はイメージです

新型コロナ・パンデミック中の隣国ミャンマーより入国した輸送トラック運転手が陽性だったことにより、ターク県は一時パニックのような騒ぎとなりましたが、一様の収束となった模様です。

パンデミック中のミャンマーから持ち込まれたウイルスに2名感染との見解を発表

10月26日早朝、新型コロナの制限が地方自治体によって緩和された後、メーソットで2番目のタイ-ミャンマー友好橋から国境を越えて貨物取引きが再開されました。

今月初めに地区内の2つのコミュニティに課せられたロックダウンは、27日にも解除される予定です。

タンボンThaSaiLuatのBanWang Ta Khianで、橋を渡るタイとミャンマー間の貨物の移動は中断されました。 地区で発見された、当局は昨日言った。

ターク県知事は昨日、彼が議長を務めるターク県の疾病管理委員会での会談中に、昨日から貨物の出荷を再開し、本日ロックダウンを解除するという決定に達したと述べています。

先日の事件により、新型コロナウイルスに感染するリスクがあるとみなされた人数合計10,177人が、陰性という結果でした。

知事は、国境の両側の貨物の積み降ろしエリアは、タイとミャンマーの労働者間の物理的な接触を防ぐために指定されたと述べています。

今月初めに起きた3人のミャンマー人が、タイ国境で新型コロナ陽性と判明した後、タイはメーソットの主要国境門ゲートセキュリティを強化しました。

地方当局は、ミャンマーの人々に、地区内の指定された地域でのみ商品の積み下ろしを命じました。
彼らは7時間だけのみ滞在を許可されています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします