白昼堂々と金の装飾品約560万バーツ(約2000万円)を強奪し逃走中!

photo by Bangkok Post

27日日曜日にバンコクのラープラオ地区にあるテスコ・ロータスのワンヒン支店内で、男が金行に押し入り、約560万バーツ相当の金の装飾品を持って逃げ出したとのことです。

地元メディアの記事によりますと、強盗は銃を突きスタッフに、合計150バーツ(重さの単位1バーツは15.16g)の金の装飾品を渡すように強制しました。
金商人協会は金の装飾品の販売価格を、金1バーツあたり28,350バーツと発表しました。
それは男が約560万バーツ相当を強奪して逃げたことを意味します。

警察は、店内に設置された監視カメラ、店内の他の場所、および道路からの彼の避難経路を追跡しています。
この金行(ゴールドショップ)は、テスコロータスの入り口付近にあり、強盗が簡単に逃げることができるような立地に位置すると警察は指摘しています。
しかしながら警察は、既に強盗が誰であるかを掴んでおり、彼の身元を再確認中であると述べた。

金1バーツが28,350バーツだとして、150バーツ分だと約425万バーツだと思うのですが…。
この記事は、タイ地元メディア(今回はバンコクポスト)に準じて、記事を紹介しています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします