10月よりカオサン通りの週末は、大型ナイトマーケットを開催します

バンコク都は観光業界への景気刺激策として、10月から週末にカオサン通りとオンアン運河沿いの道路に歩行者天国(ウォーキングストリート)を行う方針であることを発表しました。

10月31日〜11月1日(ハロウィーンとロイクラトン)、11月28〜29日、12月31日〜1月1日(大晦日)の期間、17時から深夜まで、カオサン通りとオンアン運河のラタノコシン島、ダムロンサティット橋からオサタノン橋までの1900メートルは、歩行者天国(ウォーキングストリート)とし、屋台料理、家電製品、装飾品、花、観葉植物を販売するマーケットが展開され、音楽ライブやパフォーマンスの舞台が催される予定です。ロイクラトーン祭りも祝います。

約5,000万バーツ(約1億7500万円)かけ、全面改装されたカオサン通りは、かつての混沌とした面影はありませんが、どなたにもクリーンな街へと生まれ変わっています。
機会のある方は、バンコク滞在の思い出に是非一度お越しください。

【タイ】カオサンはもう昔のカオサンじゃない!~約1億7500万円かけた改修工事が終了

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします