【タイ】観光客にも人気のTukTukのドライバーが銃撃事件

photo by The Nation Thailand

先日もバイクタクシー間での客の取り合いで銃撃戦となったニュースをお伝えしましたが、今度はトゥクトゥクでの事件です。

【動画あり】バンコク近郊のショッピング街で発砲事件

 

地元メディアによりますと、タイ南部の都市ハートヤイの警察署は、9月13日日曜日の15時ソンクラー県のハートヤイ駅近くのタクシー乗り場で銃乱射事件が発生したと通報を受けました。

現場には、トゥクトゥクのタクシー運転手サーオ・プアントン(40歳)が横たわっているのを発見しました。
彼は胸と背中に9つの銃創を受け瀕死の状態でした。 彼は重体の状態のままハートヤイ病院に緊急搬送されました。

警察が伝えるところによれば、38口径の拳銃とメリケンサックを所持していた同業者であるトゥクトゥクタクシーの運転手チャオワリット・プッタクシンさん(40歳)を容疑者として逮捕しました。
事件を目撃したサーオの親族は当局に、2人は主に顧客を獲得することをめぐって、度々喧嘩にエスカレートした過去があると語っています。

事件の前に、サーオさんがタクシー乗り場に降りたった直後、乗客に声をかけサーオさんのトゥクトゥクを利用するよう声をかけたようです。その時、チャオワリットが後ろから歩いて彼を繰り返し撃ったといいます。

チャオワリットは、サーオが顧客を奪ったことに腹を立てていたため、彼を撃ったと自白したと聞き及んでいます。
警察は目撃者に面談し、被害者の状態についての報告を待ってから、チャオワリットを告訴するそうです。

普段ニコニコして近づいてくるこの手の運転手も、一皮むくと荒くれ者もおりますので、ご利用には十分気を付けて下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします