【動画あり】ナコンサワンにあるTriumph Internationalの子会社で、800人以上が突然解雇

世界は足並みを揃え、新型コロナを完全に撲滅させなければ、この混乱が収まることはないのではないでしょうか。

ナコンサワンにある有名なスポーツウェアやスイムウェアを手掛ける工場(Body Fashion(Thailand))では、本日800人以上の労働者を解雇するとの告知がありました。工員が工場に着いたときに、驚くべき張り紙をみつけ多くの労働者が落胆の色を隠せずにいます。

Body Fashion(Thailand)は、Triumph Internationalの子会社であり地元でも有名な工場の一つです。
これまでも新型コロナの影響で、この工場は3か月間「一時的に」閉鎖されていました。

工場の再開に多くの労働者が仕事に戻ることを喜び勇んで出社したところ、その顔から笑顔が消え、工場の前で解雇リストの発表を見て大変なショックを受けたとのことです。


既にこの地区の工場は、2,000人以上の労働者を解雇しており、多大な損失を挙げつつ3か月間閉鎖していました。そして本日再開する予定でした。

彼らのほとんどは3か月間の閉鎖と早期解雇について、その理由の説明もなく解雇されることを拒んでいます。 彼らは家で、生計を立てるための仕事を見つけなければなりませんでした。
彼らの代表は会社の幹部に連絡を取ろうとしたが、応答はなかったとのことです。
彼らは後にナコンサワン州の労働保護福祉事務所に集まり、救済を求めました。当局は彼らに申請書に記入させてから援助を待つようにだけ言い渡しました。

ようやくビジネスベースの渡航が認められては来ましたが、輸出入が思うようにいかず、製造業は工場を再開したとはいえ、ラインを動かせない、またはかなりゆっくり動かしているような状況なんだそうです。

ある車関連の工場長の方から
「毎月一億円づつ赤字がでている。7月になっても全く発注が来ない」
と嘆きとも思える発言も漏れ聞こえてきています。

物の行き来だけでも早めに再開できるよう、そしてコロナは収束させないと、「コロナと同時に経済も」というのは不可能なのだということを世界各国が早めに理解してもらわないとこのような悲劇はこれからもっと増えてくるかと思います。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします