【タイ】有名中学女学生死去。事故?他殺?

2020年6月21日。

カンチャナブリー県の警察署は、有名高校の女子学生の遺体を発見したとの報告をうけ現場へ急行した。6月17日、彼女は、男友達の家で口と鼻からの出血し死亡していたという。両親はこの男友達に騙されて大量の薬を飲まされて、子供がショックを受けて死亡したと主張している。

警察では現在、故人の剖検結果を待っていることを明らかにした。どのような死因かによっては、薬物乱用や性的虐待での訴訟が考えられます。薬物については、友人からの証言もあるとのことですがしかし、正確な剖検結果を待つ必要があります。犯罪を犯したことが判明した場合は、公正な立場として逮捕し起訴します。

6月16日22時にダーオさん(18歳)の男友達が車で彼女を家から連れ出すと、彼女の両親は彼女と連絡が一切取れなくなってしまいました。あけて6月17日、カンチャナブリー県の男友達の家でダーオさんが亡くなったという連絡を受けることになります。

父と母は娘に会いに急行しました。木のソファーで横たわる娘の無残な姿。口と鼻から血痕が流れ服にまで達していました。男友達の家からは祖母を名乗る人が一人警察へ報告に出たのみで、当事者や他の親族はお悔やみや謝罪や後悔の言葉など一切なしだと言います。

両親には法的知識がありません。ただ娘が不当に扱われることのないよう事実をメディアに伝えてもらいたいとのことです。
両親はこの男友達に騙されて大量の薬を飲まされて、子供がショックを受けて死亡したと信じています。

しかし、何故夜22時に男が運転する車に同乗するのを許したのか…。連日複数件流れる薬がらみ性がらみの犯罪の多さを思えば、戦場に娘を非武装で送るようなものではないのだろうか。あなたならどうしますか?

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします