【タイ】タイ航空の破産により、240億バーツの払い戻しが困難に

2020年5月29日。

地元メディアによりますと、Thai Airways International Plcは、すでにチケットを購入した乗客に240億バーツに及ぶと伝えられています。

通常、タイ航空は1か月あたり80億バーツから100億バーツ相当のチケット、または1年間に1,300億バーツ相当のチケットを販売しています。 そして、新型コロナ禍中の3月から5月の間に240億バーツ相当のチケットを販売したと推定されています。
この期間中にチケットを購入した一部の乗客は、新型コロナ禍による旅行の制限により、フライトを延期またはチケットをキャンセルしました。

現在チケットを持っている乗客は債権者とみなされます。

一方、中央破産裁判所は、5月27日、破産法に基づく更生手続きを求める航空会社の申請を受け入れました。 その結果、タイ航空のすべての債務は法律により自動的に停止されました。つまり、タイ航空はすべての債務の返済ができなくなります。

ただし、タイ航空はこのような事態により、航空券の払い戻しを停止することを強制されてはいるが、更生プログラムに準じ、払い戻しを求めた乗客に対応する意向を持っているとの声明を出しています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします