• 火. 1月 25th, 2022

タイ警察が売春の存在を認めた?!年末年始は売春行為がコロナ拡散ホットスポットになると懸念を表明。

Byサイト運営

12月 27, 2021

タイ王国警察のスポークスマンは、タイには実際に売春が行われていることを明確に認めています。

インヨット氏は、その売春と言う言葉こそ用いてませんが「サターンボリカーン(サービスを受ける場所)」という婉曲表現を使用しています

これは、タイ王国では「スペシャル料金」を支払うことで、性的なマッサージが行われるマッサージ店や風俗店を意味します。

彼は、そのような場所でのCovid-19の蔓延を阻止するために、新年の取り締まりを命じたと述べています。

数年前、タイ中部の警察署長はタイに売春は存在しないと有名な言葉を言い放ちました。

実際には、何十万人もの女性と男性が売春事業に関与しています。

インヨット氏は「サターンボリカーン(サービスを受ける場所)」での活動が、規制が緩和される中、さらに多くの人々が新年に外出するにつれて、活発になっていくだろうと説明しています。

法律に違反する事業所は、起訴、閉鎖、免許の削除に直面するでしょう。
彼は、違反を報告する際には、「1599」に電話するように国民に呼びかけています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP