【タイ】走っている車が突然発火!実はよくあります

Photo by MATICHON ONLINE

2020年5月23日。

ラチャブリー県の田舎町を走る一台のピックアップトラックに向けて、追走する車がクラクションをならし続けます。5月23日11時30分ごろの出来事です。タイではクラクションの使い方を間違えると喧嘩になってしまうことも多く、ヒートアップすると殺人事件まで発展するケースすらあります。

ただ今回は本当に緊急事態でした。
なぜなら、ピックアップトラックの荷台から明らかに火の手が上がっていたからです。

クラクションを鳴らされ、異変に気付いたドライバーは辛くも逃げ切れましたが、直後トラックは大炎上となりました。

バンコク内でも、かなり年季の入った路線バスが黒鉛を上げつつ現役で運航していますが、よく運転中に火の手が上がり、乗客がその場で降りなければならない羽目になるケースがあります。日本ではかなりなレアケースだと思われるでしょうが、タイではまあまあお目にかかれます。

まあ、何故かほとんどのケースでけが人などはでないのですが、自身に降りかかってきたりすると恐ろしいですよね。
以上、タイ「ならでは」ニュースでした。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします