• 月. 10月 18th, 2021

ノンタブリーの解体作業場で、ビルが崩壊。ショベルカー運転手が生き埋めに。

Byサイト運営

10月 13, 2021

10月12日午後、ノンタブリー市内のプラチャチュエン通りで解体中の2棟のアパートが倒壊し、2人の労働者が負傷した。

警察は14時30分頃、この事故について通報を受けました。
このツインビルはワンパカビルと呼ばれ、8階建てのビル1棟と、5層の敷地内にプールを備えた6階建てのビルがつながっています。

以前は外国人の賃貸人が入っていましたが、その後放棄されるに至りました。
そして、Interyota社は9月15日から12月30日まで、この複合ビルの解体契約を結びました。

解体作業は10月1日に、建物の基礎に到達しました。

大きなコンクリートの梁にぶつかった時、ビルが崩壊し、ショベルカーに閉じ込められた1人を含む、2人の労働者が負傷しました。
閉じ込められた労働者は、スリン州出身の30歳のウィチャイさんだと判明しています。
救助隊員は17時30分頃に、彼をがれきから取り除きました。

警察は崩壊の原因を調査しています。
彼らはまだ、解体作業とその解体計画の許可を得ていない中での事故発生となりました。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP