新型コロナウィルスに負けるな!~「หัวใจใกล้กัน…. Touch by Heartland」BNK48&CGM48

BNK48&CGM48が応援ソングで激励!

2020年3月30日。タイ保健省は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染状況について、累計症例数が1,524名に達したと発表した。(内累計治癒数は127名)

また奇しくも今朝方、タレントの志村けんさん(70)が新型コロナウィルス肺炎のため他界した。志村けんさんの顔は若いタイ人へも認知度が高く、その一報はタイ国内でも報道され、新型コロナウィルスの恐ろしさを改めて実感させられた日となった。

そのような折、明るい話題も入ってきた。BNK48&CGM48の主要メンバーが「新型コロナウィルスに負けるな!」と応援ソングをリリースしたのだ。

離れていても心は一緒だよ

現時点でタイでは、4月30日までスーパーマーケットや薬局、銀行など生活に最低限必要な施設以外の営業を禁じている。

当然、アイドルイベントは当分の間、延期の処置が下されているような状況。せっかく応援してきたメンバーに会えないとファンの想いは募る一方となっていることでしょう。

それでもメンバーとは、同じ時代を生きて、同じ空を眺めています。離れていても心は一緒だよ!ってことをBNK48&CGM48の主要メンバー7人が歌で伝えようとしています。そしてこれはファンのみならず、全ての人を励ますメッセージソングとなっています。

その7人のメンバーとは、Cherprang(BNK48キャプテン),Pun(BNK48チームBⅢキャプテン),Jennis(BNK48チームBⅢ副キャプテン),Tarwaan(BNK48チームNVキャプテン),Pupe(BNK48チームNV副キャプテン),Izurina(CGM48兼支配人),Aom(CGM48キャプテン)の7名。

題名の「หัวใจใกล้กัน…. 」(フアチャイクライカン)は直訳すると「心が近い者同士」。曲調はスローテンポで非常にハートウォーミングな温かさを感じされる一曲となっている。この曲を聴けば君も、引きこもりを強制させられる冬のような毎日から、きっと暖かな春を感じさせられるはずだ。

この曲が出来上がるまで

前述のように現在のタイでは、不要不急の外出がし難い状況化にある。ましてやCGM48のメンバー一同を呼び寄せてレコーディングするなど不可能な話しなのだ。

よって今回はそれぞれ在宅の状態でビデオ会議を通じて歌のレッスンをし、音をはっきり録音させるために毛布をかぶり歌ったとのことだ。下の写真は決して寝る前の様子ではない(笑)。最後にBNK48オフィスからメッセージを頂いた。

 ”私たちはこの歌がすべての人に届いて欲しいと思っています。 皆がステキな気持ちとなり、励まし、しっかりとこれらの危機を乗り越えるという信念を伝えたい。 再び会う日を待っています。 そしてまた一緒に楽しみましょう”

会えなかった日々も楽しめるよう、僕らも大人になって会える日を待とう!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします