【タイ】2021年末ターミナル21がラマ3通り沿いにオープン

2020年5月7日。

バンコクポスト紙によると、ファッションアイランド、プロムナード、ターミナル21モールの運営会社であるサイアムリテールデベロップメントは、予定通り来年の第4四半期にラマIII道路沿いに「ターミナル21」をオープンすることを約束しています。
同社のマネージングディレクターであるプラサート・スリウランポン氏は、モンティエンリバーサイドホテルに隣接する50億バーツのターミナル21プロジェクトの開発は、コロナウイルスの蔓延にもかかわらず目標を達成していると語った。
「私たちは長期的な計画に投資します」

ラマIIIのターミナル21は約15ライで開発されています。プロジェクトデベロッパーである「LHモール&ホテル(LHMH)」は、昨年末に建設を開始しました。 モールは40,000平方メートルの販売スペースを持っています。 一階は既に完成いたしました。このモールは、スーパーマーケット、娯楽、そして数百のショップを含む6つのフロアを持つだろうと語っていた。
また、このエリアでの競争は他のエリアに比べて比較的少ないため、サイアムリテールはこのラマIIIロードを選びました。 60,000人を超えるオフィスワーカーがいるこのエリアでは、オフィス開発も進んでいます

さらに、このエリアには100万人以上の居住者がおり、毎日の交通量は70,000台を超えています。
「ラマIIIはビジネス地区として成長しており、3つの高速道路へのアクセスがあり交通にも便利です。将来BTSグレイラインのルートも含まれる予定です」

ラマⅢロードでの計画は、バンコクのアソーク、ナコンラチャシマー、パタヤに続くターミナル21の4番目の支店になります。

これまでも出店戦略に長けた「ターミナル21」ブランドです。来年のオープンを期待しましょう!

 

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします