【注意】出かける時は忘れずに!~タイ・他県への移動について

2020年5月6日。

タイ空港局は、5月1日に国内線が再開された後、他の県に旅行する前に、県の措置を注意深く確認する必要があることを強調しました。 旅行者ごとに、県ごとに測定基準が異なる場合があります。 現在、地元の人々だけがに県内に戻ることを許可している所もあれば、14日間の検疫が必要な所もあります。 そのため、旅行前に各県当局に確認してください。

以下に例を述べます。

トラン県
地元の人々が入県することは可能です。
県内に登録された家を持っていない人は、下記が必須条項になります。

①地方で働くための証明書
②健康証明書(入県の72時間前まで)
③雇用証明書。並びに指定された場所で14日間隔離。

 

クラビ県
covid-19のテスト結果が陰性の人を除き、どなたも県内への立ち入りを禁止し、公衆衛生省によって定義された特定の完了期間の証拠を提供する必要があります。
上記の書類をお持ちでない方は、指定された場所で14日間自己負担で待機していただく必要があります。

 

ナコンパノム県
旅客ターミナルに入ることができるのは旅客だけです。
近隣諸国からの外国人は、知事の許可がない限り、県内への立ち入りは許可されていません。

 

ブリラム県
2020年5月1日の時点で県内に入るすべての旅行者は、14日間隔離が求められます。
現地の検疫が完了すると、旅行者はIDカードまたはパスポート(外国人用)にステッカーが貼付されます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします