• 金. 7月 1st, 2022

ラーメンセンターも設置。タイ5号店 「DON DON DONKI Seacon Bangkae(シーコンバンケー)」グランドオープン!

Byサイト運営

6月 21, 2022

ドン・キホーテのタイ王国における現地法人、「DONKI (Thailand) Co., Ltd. (本社:タイ、President:島貫洋輔)」が、2022年6月20日(月)に、国内5号店となる「DON DON DONKI Seacon Bangkae(シーコンバンケー)」をオープンさせました。

バンコク中心地から西側地区に初出店となる「DON DON DONKI」に、人気の各お惣菜などは売り切れ商品が続出するほどの賑わいぶりを見せていました。

当日はグランドオープンを記念して、タイ人による和太鼓ショー、代表である島貫洋輔氏のご挨拶が行われました。

代表の島貫氏は、式典のあいさつの中でこのように述べています。
「今回はバンコク中心地を飛び出し、ここトンブリーエリアに出店しました。このエリアは非常に人口も多く、これまでドンキを利用したことのない方々へのご利用を広げたい考えをも持っています。今回のお店作りにあたっては「ジャパンブランドスペシャリティストア」といたしまして、タイ人が多くお住まいになっている地域において、普段使いと毎日の食卓として気軽にご利用になれるような店づくりを目指しています。既存店舗で人気の焼き芋はもちろんですが、店内にスィーツ工房を設置し、日本産の果物を使ったタルトや既に大好評を頂いている生食パンをつかった新鮮でカラフルなフルーツサンドを展開いたします。また、麺やスープ、具材などを自分好みにカスタマイズできるラーメンセンターを設置し、日本の地域ごとの様々なラーメンをみて、楽しんで頂けるコーナーを設置しました。」

「日本の化粧品が豊富にそろうコスメティックスドンキを導入し、若い方に人気のコスメティックスも取り揃えていますので、是非近隣の学生にも遊びに来て頂ければと思います」

※島貫洋輔社長の式典ご挨拶の模様はこちらの動画より。

 

 

シーコンバンケー店初披露の「ラーメンセンター」
今回5号店でタイ初の試みとなったのが、島貫社長も触れていた「ラーメンセンター」。

日本全国にある様々なラーメンを持ち寄り、さらにオリジナルな組み合わせで、ラーメン作りから楽しんでもらうというのコンセプト。

①麺選び
細麺、中細麺、中太麵、極太麺があります。

 

②スープ選び
ラーメンのスープって、こんなにあるの?と言うくらい豊富なスープの数々。
深あじしょうゆ、にんにく味噌、えび塩、鴨だし、豚骨、とんこつ醤油、
正油、しお味、まろやか塩などなど…。

 

日本独特の辛味調味料「七味」の説明も。
ただ辛いだけじゃない、この「七味」の味わいがいいんですよね~。

その他、具材も取り揃っており、ご自身のオリジナルラーメンを作ることができます。

私は次回、「えび塩」に「にんにく味噌」を合わせた、ダブルスープ仕立てのラーメンをつくってみようかなあ。

はい、そんな5号店オリジナルな商品も揃えております「DON DON DONKI Seacon Bangkae(シーコンバンケー)」店。
電車でお越しの際は、最寄り駅はMRTパーシーチャルーン駅になります。
隣駅がバンケー駅ですが、そちらではありませんのでご注意下さい。

入口は、駅直結のスカイウォークからも行けますが、正面入り口から右手にぐるっと回ったところに専用口があります。


■店舗概要
名称:「DON DON DONKI Seacon Bangkae」
営業時間:24時間(当面は9:00-24:00の予定)
所在地:607 Seacon Bangkae, Fl.1 Room No.118-122, Phetchakasem Rd., Bangwa, Phasicharoen, Bangkok
交通:公共機関:MRT Blue Line「Phasi Charoen」駅直結
開店日:2022年6月20日(月)12:00(タイ時間)
売場面積:1,729㎡
建物構造:地上6階建て(うち営業施設は地上1階)
商品構成:食品、生鮮(青果・鮮魚・精肉・総菜)、酒、化粧品、雑貨品、スポーツ用品、玩具・バラエティ、ペット用品、他
※Grabと提携し、ご購入いただいた商品の配送サービスを行います。
駐車台数:4,000台(施設共有)

 

 

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP