K Village Tokyoグループ、韓国メイクアップアーティスト・チャジス様との日本国内マネジメント独占契約を締結。

日本で韓国メイクレッスンを開始

株式会社K Village Tokyo(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原元就、以下K Village)は、グループ会社である株式会社カンナムドールが2023年9月より韓国メイクアップアーティストでチャジス様との日本独占契約を締結し、日本でのマネジメント及び韓国メイクレッスンを開始したことをご報告いたします。

近年、日本の若者の間で流行している美容・ファッションに関するトレンドは韓国から発信されたものが多くなってきています。 

その影響を受け、KPOP好きのみならず、美容を学ぶ学生や社会人も韓国に興味・関心を持つようになり、韓国の最新トレンドや情報をいち早くキャッチするために韓国関連のSNSやメディアが増加傾向にあります。 

その中でもカンナムドールは韓国美容メディアや韓国ドクターズコスメ専門ECサイト「K Village Meon」を運営。スタッフが現地韓国で美容関わる仕事に携わっていた経験から、今回韓国の第一線で活躍しているメイクアップアーティスト「チャジス」様とのご縁があり今回の独占契約が成立しました。

  • K Village Tokyoグループ、カンナムドール「マネジメント独占契約」の目的

K Village Tokyoグループであるカンナムドールは韓国美容メディアや韓国ドクターズコスメ専門ECサイト「K Village Meon」、韓国現地の美容通訳サービスなどの韓国美容トータルサポート業を運営。韓国現地の皮膚科や整形外科、エステサロン等で扱われているドクターズコスメや韓国美容に着目しているため、韓国の第一線で活躍しているメイクアップアーティストとのつながりを持つことでさらにニッチな韓国美容情報をお届けできるようになりました。

そして韓国メイクアップアーティストのチャジス様と共に様々な角度から韓国美容を日本に広めていく機会になればと思います。

  • 日本で受講できる韓国メイクアップレッスンのメリット 

・韓国の第一線で活躍しているメイクアップアーティストから刺激をもらう。  

・美容の最前線国である韓国メイクを日本にいながら受講できる  

・授業の一環や、業務スキル向上の一環として韓国メイクを学び他社と差をつける  

・日本最大の韓国語教室を運営するK Village Tokyoグループとして通訳からディレクションまでワンストップで推進可能

  • 韓国メイクアップアーティスト、チャジスさま当日の韓国メイクアップレッスンの様子

実際にモデルさんに韓国アイドルメイクのデモンストレーションをしている様子。

アイドルが舞台に上がり、いかにカメラに綺麗に映る様にメイクをするか、歌いながらダンスするアイドルが汗をかいても崩れないメイクのポイントを説明。

学生がデモンストレーションを参考に韓国メイクを実践。ジスさんが学生1人1人にメイクをする上で基礎的なことから韓国アイドルメイクのポイントを直接教えている様子。

韓国美容に興味がある学生が目を輝かせながら熱心に授業を受けている様子。韓国で実際に活動するメイクアップアーティストの授業を聞ける貴重な機会に学生からの質問が止まらず、本来予定していた時間より大幅に押してしまうほど。

  • 韓国メイクアップアーティスト、チャジス様 

韓国のみならず、欧米からアジアまで世界中を飛び回りながら活躍している15年目の韓国メイクアップアーティスト。

俳優やアイドル、ウェディング、ファッションやコスメ広告まで多様な経歴を持っています。

15年の経歴からメイクアップスキルはもちろん流行をいち早くキャッチし、研究されたメイクアップは韓国でも支持されています。

 現在は韓国の清潭洞にあるヘアメイクショップの院長として活動中。

  •  チャジス様からのコメント

韓国で活動しているメイクアップアーティストチャジスです。

日本でのデビューであり、待ちに待った初めのレッスンはとても光栄な機会でした。

レッスンでは照明との相性などを考え、どのようにしたらカメラに綺麗に映るのかを研究した多様なメイクアップスキルを伝授し、ただの韓国メイクアップレッスンだけの内容ではありませんでした。

そして目を輝かせながら熱心に授業を受けている学生たちを見ながらとても感動したレッスンでした。

私はシンガポール、マレーシア、中国、タイ、アメリカの放送局で多くの経験を積みました。

放送局ごとの差はありますが、日本と韓国などの東アジア人はメイクアップ方法に大きな差はありません。

ですが韓国人は美容に対する熱量がひときわ高く、スキルも高いです。

レッスン時はスキルを教えながら、私も日本の化粧品の製品力と多様さに驚かされました。

今回、私の能力を見て機会をくださったカンナムドールと独占契約をすることになり、これからの日本活動は期待でいっぱいです。

 今までの多様な経験を活かして日本の美容産業に貢献していきたいです。

  • K Villageグループ 今後の計画

K Village Tokyo グループとして、日本最大の韓国語教室を運営するK Village Tokyoでは通訳からディレクションを行い、カンナムドールはマネジメント窓口として韓国風メイクではなく、現地韓国のプロが教える本物の「韓国メイク」を日本に広められるサポートや展開をしていくことを検討しております。

  • K Village韓国語教室一覧

■東日本エリア

K Village新大久保本校  https://kvillage.jp/school/shinokubo/

K Village新大久保駅前校 https://kvillage.jp/school/shinokubo-ekimae/

K Village新宿西口校   https://kvillage.jp/school/shinjuku-nishi/

K Village上野校     https://kvillage.jp/school/ueno/

K Village秋葉原校    https://kvillage.jp/school/akihabara/

K Village立川校     https://kvillage.jp/school/tachikawa/

K Village横浜駅前校   https://kvillage.jp/school/yokohama_ekimae/

K Village船橋校(千葉県)https://kvillage.jp/school/funabashi/

K Village大宮校(埼玉県)https://kvillage.jp/school/omiya/

■西日本エリア

K Village名古屋校    https://kvillage.jp/school/nagoya/

K Village岐阜校     https://kvillage.jp/school/gifu/

K Village大阪校     https://kvillage.jp/school/osaka/

K Villageなんば校    https://kvillage.jp/school/shinsaibashi/

K Village京都校     https://kvillage.jp/school/kyoto/

K Village神戸三宮校   https://kvillage.jp/school/kobe/

K Village福岡校     https://kvillage.jp/school/fukuoka/

K Village博多駅前校   https://kvillage.jp/school/hakata/

【K Village Tokyo 会社概要】

本社   :〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト17階

代表取締役:桑原 元就

設立   :2010年

URL    :https://kvillage.co.jp/

【事業内容】

・韓国語教室の経営(https://kvillage.jp/

・韓国留学手続き代行(https://kankokuryugakuguide.com/

・韓国情報メディアの運営(https://kasioda.com/

・韓国好きのための情報メディア「MODULY(モドゥリー)」運営

▼App Store

https://apps.apple.com/app/id1574851769?mt=8

▼Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kvillage.moduly&pcampaignid=fdl_long&url=https://kvillage.jp/

・月額制サブスクサービス「K Village プライム」の運営(https://moduly.kvillage.jp/prime/

・ボイストレーニングスクール「ナユタス」の運営(https://nayutas.net/

・少人数で効果実感。正統派ピラティス「K Village Pilates」(https://pilatestokyo.jp/

・有料職業紹介

【グループ会社】

株式会社カンナムドール(https://gangnamdoll.jp/

 ・韓国スキンケア専門通販サイト K Village Meon(https://meon-premier.gangnamdoll.jp/

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る