学校に向け18発も発砲した犯人を釈放に?! 児童の家族ら大集結で猛抗議

先日本誌でお伝えしましたタイ南部のラノーンの学校に向け18発もの銃弾を発砲した事件で、容疑者の男はその後拘束されたのですが、釈放されるとのことで、それに反対する住民ら100人が集結しました。

発砲男は、中国系の子供たちが通う学校からの騒音に腹を立てていたと言われています。

容疑者の弁護士が保釈申請を提出したと聞きつけた、両親らはそのことに抗議するために集まりました。

両親は、子供たちが再び攻撃されるのではないかと恐れており、釈放された場合、子供たちを学校に通わせないと言う人もでています。

当たり前ですよね。
タイは、すぐに犯罪者を放免してしまうので、前科者が再犯を繰り返しています。

タイ南部ラノーン県でまたまた学校で発砲事件。未だ事件化されず。

 

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る