このまま時効を迎えるのか? 未だ国外逃亡中。レッドブル御曹司ひき逃げ事件。

タイで最も悪名高く、また世間体の悪い事件の1つが、この事件です。

事件は、2012年9月にレッドブルの後継者であるVorayuth Yoovidhya容疑者または通称「Boss」が運転するフェラーリで、警官をはね殺害したというものです。

現在ボスは国外逃亡中ですが、警察や司法はほとんど動きをみせません。

最初の報告では、ボスはフェラーリを時速177km で運転していました。
しかし、これは後に80kmph未満だったと修正されました。

証拠が改ざんされていたということで、担当調査官など解任されるなど、内部のゴタゴタだけが目立つ事件となっています。

インターポール(国際刑事警察機構)はレッドノーティスをだしていますが、ボス自身は現在も自由気ままの生活をしています。

彼は、特に F1イベントで世界中で定期的に目撃されていますが、タイ警察の手の届かないところにいるように見えます。

数年後には、時効が満了するため、彼に対する最後の起訴は取り下げなければならないでしょう。

タイのメディアでは、タイには「金持ちのための法律とそれ以外の人ための法律」があるとこの事件を通して評しています。

日本人的によくわからないのは、このような不祥事を出しながら、以前レッドブルが大企業として君臨できていることです。
日本だと、食べ物から異物が発見されるだけでも倒産に追い込まれたりするのでそれも異常ですが、市民もこの事件に不満を抱きながらレッドブルの商品を支持しているのも国民性なのでしょうか。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る