巨額詐欺容疑で拘留中の女優「ピンキー」の保釈が認可。

11月30日、被害額約25億バーツという巨額の投資詐欺で起訴されている女優のピンキー(Savika Chaiyadej)に、裁判所が保釈を認めました。
保釈金は500万バーツ、保釈の条件として、海外への渡航禁止、毎月裁判所への報告、居住地を変更する7日前に裁判所に通知するなど命じています。
裁判所は、2023年8月10日に検察官の証人尋問第1回公判を設定しています。
24人の被告のうち、ピンキーは今年8月に起訴されていましたが、ポンジスキーム(投資詐欺)により何千人もの被害者から巨額のお金をだまし取っていたため、保釈を拒否されていました。
彼女は、2015年11月25日から2020年9月8日まで、Facebook を使用して被害者を外国為替グループ「Forex-3D」に投資するように勧誘し、9,824人が合計24億9000万バーツを失ったと伝えられています。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る