タイの道路交通の罰金価格。ご存じですか?

この度の王立官報により、1979年以来運用されているタイ王立警察によって発行された道路交通法違反の罰金リストが掲載されました。

罰金は200、400、500、1,000バーツと4種類あり、あらゆる種類の車両に適用されます。
違反の内容としては、車両整備に関する法律違反、不用意なヘッドライトとホーンの使用、交通標識と信号の遵守違反、制限速度違反やその他の法規が含まれます。

1,000バーツの最も重い罰金の対象となるのは、過度の騒音と煙を放出する車両、および爆発物や危険物を積んでいるが、その警告標識を表示しない車両です。
最短ルートで目的地まで乗客を連れて行かなかった、または完全に乗車させなかった(途中放棄)タクシーの運転手も、1,000バーツの罰金が課せられます。

他の交通違反に対する罰金のスケジュールには以下が含まれます:

①運転免許証なしで運転している、または尋ねられたときに運転免許証を提示できない(200バーツ)
②無謀な運転または渋滞を引き起こした(400バーツ)
③緊急車両を見て立ち止まらない、または左に車を止められない(400バーツ)
④制限速度を破る(500バーツ)
⑤ナンバープレートなしの車の運転(500バーツ)
⑥道端の交通標識を遵守していない(500バーツ)
⑦信号に違反する(500バーツ)
⑧道端の舗装道路での運転(500バーツ)
⑨補助機器なしで運転中の携帯電話の使用(500バーツ)
⑩駐車場または停車中の車両を残して交通を妨害する。駐車違反(500バーツ)

さらに詳しくはタイ語ですがご参考まで
こちら:Complete roster of fines (タイ語)

毎日のように上記の輩を普通に見かけるけどなあ。
しかし、最短ルートで行かなかったタクシーをどうやって糾弾したらよいのか…。
さらに駐禁の罰金も安いので、一向になくなりませんね。日本ならすぐレッカーで合計3万円くらいやられますから。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします