自殺か他殺か?! 「日本人がチェンマイで切腹!」衝撃のタイトルにも地元警察は友人の証言に納得せず。

ホラー、日本人がタイ第2の都市で切腹!
そんな衝撃なタイトルがタイのメディアを踊っています。

一体何があったのでしょうか。

2022年11月27日、「そら」さんと呼ばれる48歳の日本人男性が、チェンマイ県にあるム―バーン(住宅街)で、遺体となって発見されました。

事件となったのはプールサイドの一室。
部屋の中では、そらさんが血だまりの中に横たわっており、ナイフによる傷が数か所確認できました。
腹部に大きな傷が1カ所、喉に2カ所、手首に2カ所あり、ベッドからは長さ約25センチの包丁も見つかっています。

日本人男性の友人の証言によりますと、故人は日本からタイに約40日間の滞在で来ていたと言います。
そらさんは、精神疾患を持っており、タイで
精神病の治療薬を買おうとしたが薬が見つからず、それが自殺の原因だと主張しています。

しかし、警察はその証言を鵜呑みに出来ないと感じており、引き続き自殺と他殺の両面で調査を続けていくと報じられています。

友人の証言に警察はまだ納得していないと言います。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る