• 火. 11月 29th, 2022

今回のタイ警察は本気なのか? 中国人悪党どものアジトに次々と強制捜査へ突入。

Byサイト運営

11月 5, 2022

10月26日未明、バンコクのサトーン地区にあるヂンリンビルで行われた麻薬パーティーで237人の中国人が逮捕された後、中国人経営者に対する取り締まりが加速しています。

警察は、バンコクのバンヤンツリー レジデンスの33階の部屋と、マハナコーンビルの59階にあるコンドミニアム邸を家宅捜索しました。

結果。現金1900万バーツと高級車が押収されました。
一連の捜査により中国人経営者から押収した金額は、1億5000万バーツに昇っています。
大量の薬物も発見されています。

さらに押収物の中には、2台のロールス ロイスとメルセデスベンツ・マイバッハがあり、事件以来31台に至っています。

強制捜査を受けた部屋の持ち主は、中国とカンボジアの二重国籍を持つWang Jern Nanという21歳の男性でした。
彼は、バンヤンツリーに4つのコンドミニアムを所有しています。

彼は、ヂンリン襲撃の翌日であるの10月26日に、プライベートジェットでプーケットからシンガポールに逃亡しています。

バンコクのサトーン地区で開催の秘密の麻薬パーティーを警察が急襲! 中国人悪党など237名を逮捕。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP