• 金. 12月 2nd, 2022

バンコク都、シルバー&グレーラインは都では実行せず、MRTAに引き渡すと公言。

Byサイト運営

10月 27, 2022

10月26日、バンコクのチャチャート知事は水曜日、タイの大量高速輸送機関(MRTA)に2つの電車プロジェクトを引き継ぐよう要請すると述べました。

バンコク都庁 (BMA) はこの日、独自にシルバーラインとグレーラインのプロジェクトを実施しないことを決定しました。
そのため、MRTAに路線の建設とサービスの運営を依頼すると述べました。

チャチャート知事は、市当局にはプロジェクトを実行するための専門知識がないと感じているため、プロジェクトをMRTAに引き渡す方がよいと彼は述べています。

シルバーラインがバンコク以外の地域に延長される一方で、グレーラインがピンクライン、イエローライン、オレンジライン、エアポートレールリンクなどの他の複数のMRTAラインを相互接続されます

接続ポイントでは新たな利用料が発生しますが、MRTAがプロジェクトを引き受ける場合、統合された支払いシステムを開発できると都知事は指摘しています。

バンコク都は、2022年3月現在、グリーンライン延長の運用、保守、設備投資のために、バンコク大量輸送システムに371億4000万バーツの費用負担を負っています。

グレーラインは、ソイワチャラポンとソイトンローを15の駅で結ぶ16.3 キロメートルの距離を走る予定です。
当初予算は、275億バーツと見積もられています。

バンナー交差点からスワンナプーム空港までのシルバーラインは、全長19.7km、14駅となっています。

これは当たり前のようなことですが、画期的な決断だと思います。
バンコク都が間に入れば、必ず中抜きが発生するので、餅は餅屋にやってもらうのがシンプルで一番よいでしょう。
もちろんベストとは言い難いですが、ベターです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP