• 火. 11月 29th, 2022

ロシアによるウクライナ領土併合についての非難決議。タイは棄権に回る。

Byサイト運営

10月 14, 2022

10月12日タイは、ニューヨークで開催された国連総会の緊急特別会合で、ウクライナ領土をロシアが一方的に併合したことに関し、非難する決議で棄権に回ることを選択ました.

外務省は13日にその経緯について説明を発表し、次のように述べています。

「タイは決議案の投票を棄権することを選択しました。非常に不安定で感情に訴える雰囲気と状況の中で行われるため、危機外交が平和的で実際的な交渉による紛争解決をもたらす可能性を過小評価しています。世界は核戦争と世界経済崩壊の危機に瀕しています。」

投票では、143カ国がロシアを非難する決議を支持しました。
この非難決議には、インドネシア、フィリピン、シンガポール、カンボジア、ミャンマー、マレーシアの7つのASEAN加盟国が含まれます。

反対票を投じたのは、北朝鮮、シリア、ベラルーシを含む5カ国のみでした。
タイを含むインド、パキスタン、ラオス、ベトナムなど35の国が棄権に回りました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP