• 火. 11月 29th, 2022

【ミステリー】ドイツから帰って来たばかりの男が何故? 幼少期に通った学校で撲殺。

Byサイト運営

10月 11, 2022

タイ社会で、闇の中に入り込んでしまったら抜け出すのはほぼ困難です。
それでも「真実はいつもひとつ」なのです!

タイ東北部のブリーラムで不可解な殺人事件が発生し、親戚に衝撃を与え村に恐怖をもたらしました。

前日の晩にドイツから戻ったばかりの若い男性が、妻の誕生日パーティーから出てきた後、子供の頃に通っていた近くの学校で死んでいるのが発見されました。

午後20時30分警察は、バン サレントン学校の用務員から、学校の裏で死体を発見したという知らせを受けました。

現場で死亡したのは23歳のタナタットさんで、鈍器で額を殴られていました。
彼はうつぶせに横たわっており、シャツとズボンがほとんど燃え尽きていました。

彼の靴はライターと一緒に体のそばにありました。

事件現場からはは、ガソリンとろうそくのワックスも発見されています。
彼の所持品である水色のバッグは、ペットボトルのリサイクルエリアの金属格子の上に置いてありました。

中には、280バーツの茶色の財布、電話、タバコ2個が入っていました。

ちなみにタイの学校は現在、学期間の長期休校中です。

監視カメラは、被害者が18時55分に自宅の隣の食料品店を通り過ぎたところを映し、その後の行方が分かっていません。

用務員のバンヤーさんは、20時30分に学校へ到着した時、学校の後ろの方で炎が燃え焼き焦げた匂いを感じ、遺体を発見したと証言しています。

22歳の被害者の妻は、彼は日曜の23時にドイツから家族と一緒に戻ってきたばかりだったと言います。

家族は10月10日月曜日の夜に彼女の誕生日を祝っていました。
午後17時に始まったパーティーには、約10人の親族などが家にきていました。
その後、午後18時以降にタナタットさんは何かを買いに出かけたようだと語っています。

彼が私たちの半分の後に戻ってこなかったとき、彼らは食料品店からCCTVを見ました。

彼女は、夫の性格について、ほとんど話さない静かな男だと言います。

被害者は子供の頃に事件現場となったその学校に通っていました。

警察によりますと、被害者は帰って来たばかりで怨恨や金銭トラブルのような話しもなく、事件の動機についてまだ判断できないとしています。

あなたならこの事件、どう見立てますか?
しかし事件は永久に、闇の中かもしれませんが。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP