• 金. 9月 30th, 2022

「いすゞ自動車」に対するタイ税関と歳入局の追徴課税の要求に裁判所が却下の判定。

Byサイト運営

9月 24, 2022

9月23日タイの最高裁判所は下級裁判所の判決を支持し、Isuzu Motors (Thailand) が約18億バーツの輸入関税を支払うとする税関および歳入局の要求を却下しました。

Isuzu Motors は、1999年から2002年の間にフィリピンから輸入したトランスミッションギアセットに割引輸入関税を適用することを拒否した2部門(税関および歳入局)に反論しました。

Isuzu Motors は、ASEAN 産業協力 (AICO) スキームの下で、5%の輸入関税を受ける権利があると主張していました。
しかし2つの部門は、輸入されたギアセットが製品証明書に指定されていないトラックモデルで使用されたため、42%の関税を全額支払わなければならないと主張していました。

最高裁判所は23日金曜日にこの請求を棄却し、認証で指定された詳細は単なるモデル番号であり、AICOスキームの本質に影響を与えるものではないという下級裁判所の判決を支持しました。したがって、Isuzu Motorsは5%の輸入関税のみを支払うこととなります。

裁判所はまた、自動車メーカーが承認された数よりも少ないトランスミッションを輸入したと主張する2部門の控訴を棄却しました。
彼らはまた、その子会社である Isuzu Engine Manufacturing (Thailand) も AICO スキームに基づく自動車エンジンの輸出要件を満たしていないと主張していました。

「あれ」がなかったからケチでもつけられたんですかね。
裁判所の公正な裁きに、敬意を表します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP